ドライアイが急増中!対処法と処置について

ドライアイは、目を守るために欠かせない涙の量が少なくなったり、涙の質が悪くなってバランスが壊れたりすることで、目の潤いが悪くなってしまうために、目の表面に傷が生じてしまうこともある病気です。

ドライアイの人口は、急激に増加しているのは、高齢化、乾燥することになるエアコンの使用、パソコンやスマートフォンの使用、コンタクトレンズの使用者の増加などがあります。

涙は、目の表面をおおって目を守る働きをしていますが、ドライアイになると涙が不足しているために、乾燥したり、目がゴロゴロしたり、目に違和感があったりします。

ひどくなると角膜に傷が出来てしまうので、充血が酷くなったりする場合もあります。

ドライアイの要因となるのが、パソコン、コンタクトレンズ、エアコンなどを使用です。
これらは、涙が蒸発しやすくなる性質を持っているため、目の潤いも不安定になり、目の表面を傷つけやすくなる可能性があります。

また、パソコンを操作していると、自然にまばたきが少なくなるので、ドライアイになりやすいと言われています。
まばたきには、涙の分泌を促す刺激になり涙を出したり、目の表面に涙を均等にする大事な役割を持っているからです。

このような症状を感じる方は、実際に多くなって来ているのが現代ですが、自己判断だけではなく眼科医での正しい治療を受ける必要があります。

名医であれば、ドライアイかどうか適切な診断を行ってくれます。
また、名医なら、ひどいドライアイの場合には、涙点を塞ぐプラグによる治療も行ってくれます。
さらに、ドライアイに適した目薬を処方してくれるので、正しい使用を継続して行くことで、目の乾燥や違和感、角膜の傷などの症状を改善出来るようになります。

目の乾燥だけを主に感じる方が多いのがドライアイなので、市販の目薬を使う方も多くいますが、やはり、確実にドライアイかどうかは名医による診断を受けてから治療を行うことがとても大事なことです。
結膜炎などのその他の病気も併発していることもあります。

名医で診断をしてもらうことで、目を出来るだけ労わることが出来るようになるので、目薬を使うようになれば不快な症状を抑えられ、過ごしやすくなります。

このような不快な症状を感じている方は、放置をするのではなく、出来るだけ早く受診をすることをお勧めします。

名医を探すには、都道府県の眼科学会などの団体から情報を得ることも出来るので、参考にしてみることが出来ます。